MENU

亀頭や陰茎にできるフォアダイスとは何か?その原因と対処方法について

亀頭や陰茎周りにできる白いブツブツした突起物が気になってはいませんか。

突然できる無数のブツブツですが、もし、そのようなブツブツが見られたら、油断は禁物です。

痛みや痒みなどの症状がなかったとしても、場合によっては尖圭コンジローマのような性病が疑われる事もありますが、そのまま放置しておくとパートナーにも移す可能性もありますので注意して下さい。

この記事では、突然亀頭や陰茎周りに発生するブツブツであるフォアダイスについて解説し、ブツブツに対する対処法についてお伝えします。

フォアダイスとは、どのようなブツブツなのか。

突然亀頭やカリ部分の周りにできる無数のブツブツの正体は、フォアダイスと呼ばれる皮膚の脂腺がふくらんで目立っていう状態の事です。

大きさや目立ち具合などの個人差はありますが、約7割近くの成人男性にフォアダイスは存在しています。

病気ではありませんし、半数以上の人が持っているものですので本来なら気にする必要はないのですが、やはり見栄えの悪さが一番の問題点と言えるでしょう。

次にこの男を困らすブツブツがなぜ発生するのかについて解説していきます。

ブツブツには大きく2つの種類がある。

亀頭やカリ部分の周りにできるブツブツの原因は大きく分けて2種類あり、見た目はよく似たブツブツの症状でも性病によるブツブツと脂肪の塊のブツブツかによって分類されます。

具体的には、主にフォアダイスと呼ばれる性病ではないブツブツと、尖圭コンジローマと呼ばれる性病タイプに分かれ、どちらも自然に治る事はなくぶつぶつ除去による治療が必要です。

フォアダイス

フォアダイス(真珠様丘疹も含む)は脂腺が大きく膨らんで目立ってしまっている状態のブツブツの事ですが、性病ではないため、病気を他人に移すリスクは特にありません。

ただ、見た目が気持ち悪いと感じる方も多く、ブツブツ除去を希望される方も多数いらっしゃいます。

また、性病である尖圭コンジローマとの違いが素人には判断しづらい事が難点で、専門家による診察が必要です。

尖圭コンジローマ

こちらはヒト乳頭腫ウィルス(HPV)の感染によって発症する性病で、放置しておくと亀頭や陰茎全体に腫瘍ができてしまいます。

性的接触だけでなく、ペニスを触った指による顔への接触などでも感染するリスクが高い性病で早期治療が必要です。

他人にも大きく影響を及ぼす性病ですが、痒みや痛みなどの自覚症状がないことから、発見が遅かったりフォアダイスと思い込んで放置しがちになるケースも多いので注意が必要です。

ブツブツ除去の治療方法について。

ブツブツ除去の治療方法は様々な方法がありますが、一般的な方法としては電気メスを使った焼灼になります。

ブツブツが発生している箇所に直接電気メスをあてて、焼灼してブツブツ除去をしていく事で、不快なブツブツが消えてスッキリした亀頭やペニスに変わります。

クリニックにもよりますが、治療時間も約15分〜30分程度。

体への負担も少なく、治療費も約3万〜5万円ほどで見た目もスッキリしますので、ブツブツが気になる方は早めに治療しておくことをオススメ致します。

ABCクリニックならブツブツ除去が包茎治療費内でできる。

気になるブツブツですが、ABCクリニックでは包茎治療内で一緒にブツブツ除去も対応しています。

(一部対象外のクリニックもございます。詳細については各クリニックでご確認いただけます。)

ブツブツ除去の美容外科での治療費用の相場が、内容にもよりますが約3万円〜5万円ほどかかる事を考えると、包茎だけでなくブツブツも気にある方は相談してみて決して損はないでしょう。

しかし、尖圭コンジローマや他の症状によっては対処方法が異なり、無料で対応できない場合もありますので、予めご了承いただきますようお願い申しあげます。

まとめ。

この記事では、亀頭や陰茎にできるフォアダイスとブツブツの対処方法についてまとめてみました。

見た目の不快感や気持ち悪さだけでなく、ブツブツの種類によってはパートナー女性にも感染させてしまう恐れがあります。

性病ではないフォアダイスと性病の尖圭コンジローマの2つに主に分類されますが、素人では判別が難しく、自覚症状もないのでつい放置しがちです。

性病である尖圭コンジローマの早期治療はもちろんの事、ブツブツは見た目の特徴から性病を疑われてしまうなど敬遠されがちです。

セックスレスにつながる可能性もありますので、気になる方は早めに治療し、スッキリと清潔感あるペニスにしておく事が大切です。

そのためにはまず専門医に診てもらって正しい処置をしていきましょう。

, , , , ,

 PAGE TOP