MENU

理想のペニスの長さ・太さ・硬さとは?改善する治療方法について

ペニスの長さや太さ、勃起力による硬さについて、男性であれば「自分のペニスは果たしてどの程度なのか」一度は気にされたことがあるかと思います。

特に自分のペニスの大きさや形に自信がなかったり、包茎である場合は周りの同級生たちと比較されてからかわれたりした経験や、初めての性行為で上手くいかなかったことがトラウマになって自信を喪失する方も多くいらっしゃいます。

それほどペニスの長さや太さ、硬さや持続力といったサイズや機能面は、男性のメンタルに相当影響を及ぼします。

実際に理想のペニスの長さ・太さ・硬さはどのくらいなのか。

もし、理想のペニスに近づけるとしたらどのような方法があるのか。

この記事ではペニスの長さ・太さ・硬さに関する判断基準や、理想のペニスに近づけるための治療方法についてご紹介していきます。

ペニスのサイズや形はどれくらいが理想なのか

単純に見た目の大きさや太さを西洋の人と比較するとどうしても見劣りしてしまいますが、とある調査機関によると世界の平均値が約14センチであることに対して、日本人のペニスの平均サイズは約13、5センチであることから決して小さくはないと言えます。

女性との相性もありますので一概には言えませんが、女性の膣の長さの平均が8.5センチであることを考えると10〜14センチをキープできれば性行為を行ううえでは問題ないでしょう。

亀頭に関しても陰茎と亀頭の間のカリ部分の差が大きいほどカリ高と言われ、女性に与える刺激も大きくなりますが、カリ高にもはっきりとした基準はなく一般的には5ミリ程度あれば十分とも言われています。

しかし、「もっと性交渉で自信を持ちたい。」「人前でも堂々とさらけだせるようにしたい。」などのように、できるだけ立派なペニスにしたいと男であれば誰しもが思うことだと考えています。

ペニスの大きさや形は先天的な要素によってある程度決まりますが、包茎手術と同じく男性器を専門に扱う医療機関の治療によって大きさや形を理想に近づけることが可能です。

次にペニスを理想に近づけるための改良方法や治療方法について解説していきます。

立派な形を実現する包茎治療

理想のペニスの形は通常時でも包皮が全開した露茎の状態、いわゆる「ズル剥け」のペニスであることがまず第一の条件といえます。

やはりしっかりと亀頭が露出していないと亀頭部分の成長を妨げてしまいますし、包皮に覆われたままだと恥垢も溜まりやすくて不衛生です。

いくら勃起してペニスの硬さがあったとしても、不衛生なペニスだと性病を移される可能性も出てきますし、刺激に弱くてすぐに射精してしまっては女性に不満を与えてしまいます。

見た目をどうにかしたい方で包茎の場合は、まず包茎治療を行うことが最も有効な手段です。

特に勃起時でも亀頭が露出しない真性包茎や自力で剥くことが困難なカントン包茎、包皮の被り具合が尿道口近くまである重度の仮性包茎の方は見た目だけでなく病的リスクも大きくなるため医療機関による治療をオススメしています。

理想の太さに近づける亀頭増大術

治療内容は亀頭部分にヒアルロン酸などの注入剤を注入してハリや大きさを増すもので治療時間はおよそ10分程度で完了です。

亀頭がふっくらして力強くなると見た目が立派になるだけでなく、ハリが出る分射精までの耐久性も増してパートナー女性に与える刺激も増すなどメリットも多いことから、包茎治療と一緒に亀頭増大治療を希望される患者様もたくさんいらっしゃいます。

特に立派なキノコ型への改良が可能になるカリ高は、亀頭のカリ部分を中心に大きく改造し、陰茎と亀頭の境目の高さを増してより膣内に刺激を与えられることで人気が高いです。

ペニスの強さをアップさせる早漏治療

まだ出したくないのに刺激に耐えきれず射精してしまう早漏は男としての自信を損ないやすく、パートナー女性に対しても不満を与えてしまう原因にもなってしまうため深刻な悩みに発展する場合もあります。

好きな女性との性交渉が可能になるまで相当頑張ったのに、実際のプレイで2〜3分で終了では自分も楽しめないですし、相手にも申し訳ない気持ちになってしまいます。

早漏治療は刺激に対する強さや耐久性をアップさせるための有効な施術の一つです。

早漏治療は耐久性をもたせるために性感帯に注入材を注入する治療で、亀頭増大と同じように10分程度の治療で完了します。

耐久性や満足度は個人によって感度が異なるため効果を保証するものではありませんが、男性にとってパートナー女性を満足させることは自尊心を高めることにもつながりますので、早漏で悩まれている方にオススメです。

ペニスの長さを最大限活かす長茎術

陰茎が短いことで見た目で悩んだり、挿入時に奥まで届かないことでパートナー女性を満足させることができないなどの理由からペニスの長さをどうにかしたいとのご相談もよく受けます。

長茎術は下腹部などの身体の内部に埋まってしまっている陰茎(海綿体)を、引き出す治療で、可能な限り体外へ引き出すことで本来持っている長さを活かすことができる治療です。

メスを使って埋没部からペニスを引き出す方法とメスを使わず特殊糸を使って陰茎をで引き出す、切らない術式の2種類があります。

ペニスを可能な限り引き出したい方はメスを使った方法がより効果は得やすいですが、切らない術式の方は身体への負担が少ないため術後の負担を抑えることができます。

こちらも効果に個人差がありますが、伸びる方であれば3センチ近く伸びるケースもありますし、診察によってどこまで伸ばせそうかをある程度事前に把握することもできますので関心がある方はぜひご相談下さい。

ペニスの硬さや勃起力の改善はED治療

加齢や生活習慣の乱れ、精神的なストレスなどが原因でペニスに対する血流が悪くなると勃起力の低下または勃起不全であるEDを引き起こす可能性があります。

いくら長さや太さがあったとしても硬さがないと刺激も半減しますし、挿入中に萎えてしまう「中折れ」になってしまうと自信を喪失する場合もあって悩みが深刻化してしまいます。

勃起力を改善するED治療薬の服用は効果が高いだけでなく、即効性にも期待が持てることから大変有効な治療法でもあります。

治療薬と聞くとずっと飲み続けないといけないといった思い込みを持たれる方もいますが、途中で服用を止めることもできますし、生活習慣の改善と共に上手く併用していくことで回復効果を高めることができます。

まずはお気軽にご相談下さい。

ペニスに関するご相談はABCクリニックで

ここまで理想のペニスの長さ・太さ・硬さに対する説明と、理想のペニスに近づけるための治療方法について解説しました。

ペニスの長さ・太さ・硬さにはある一定の目安として様々な見解がありますし、感度や満足度は人それぞれの個性や相性の問題もありますので一概に理想のペニスがどのようなものなのかについては断定できません。

仮にペニスの長さや大きさが平均値に達していなくても、ある程度のサイズや硬さ、持続力を維持できれば一定の満足感は与えられるはずです。

しかし、男のシンボルでもあるペニスの改良は、見た目の問題を解消できるだけでなく性的なパワーアップにも期待が持てることで、女性との関係性もより良くなったり自尊心を高める効果もあります。

ABCクリニックでは包茎治療だけでなく亀頭増大や長茎術、早漏治療といった男性器の改良にも熟練の専門医が丁寧な診察と患者様に最適な治療方法を提供しています。

安全に露茎するだけでなく男性器の改造も大変ご支持をいただいておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

, , , , ,

 PAGE TOP