MENU

カントン包茎は自力で治そうとするとどれだけ危険なのか

包茎と言えば通常時は皮が被っているが勃起時や自力で剥ける仮性包茎か、状態に関係なく自力でも皮が剥けない真性包茎の2つのタイプを思い浮かべるかと思います。

包茎は大きく3つのタイプの包茎に区分されていて、残りの一つがカントン包茎です。

あまり一般的には聞き慣れない包茎ですが、某お笑い芸人の方が自身がカントン包茎である事をカミングアウトされてカントン包茎の存在が少しずつ認知されてきました。

しかし、カントン包茎は知名度だけでなく無理に包皮を剥いたり、自力で治そうとしたりすると大変危険であることはあまり認知されていません。

ここではカントン包茎の詳しい状態や危険性について、カントン包茎のリスクを回避する方法についてお伝えしていきます。

そもそもカントン包茎とは


カントン包茎とは包皮口が大変狭い包茎のことで、見た目は真性包茎と重度の仮性包茎の間ぐらい包皮が被っています。

重度の仮性包茎との違いは、自力で皮を無理に剥いてしまうと亀頭が締め付けられたまま元の状態に戻せなくなる場合があることです。

亀頭が締め付けられたままで包皮が元の状態に戻らない状態が続くと、激痛を伴うだけでなくうっ血を起こす可能性があります。

重度の仮性と見分けがつきにくいため、自身がカントン包茎の可能性があることに気づかないまま無理に剥いてしまい、元に戻せず慌ててクリニックに駆け込む方もいるぐらいです。

自力で剥く時に少しでも窮屈さや痛みを感じる方はカントン包茎の可能性が高いので絶対にやめましょう。

カントン包茎のデメリットは大変多い

カントン包茎は「見た目」だけでなく、他にもたくさんのデメリットがあります。

セックスやオナニーが満足にできない

セックスやオナニーはどちらもペニスを擦る行為のため、痛みが生じたりゆっくりしようとしたりすると感度が衰えて満足いく射精が出来ない場合があります。

早漏になりやすい

普段から亀頭が露出していないため、刺激に弱く早漏になりやすい傾向があります。

先細りになりやすい

こちらも早漏と同じく普段から亀頭が露出していないため、亀頭が成長せず先細りになりやすいといったデメリットがあります。

恥垢が溜まりやすい

自力で剥くづらく普段から亀頭と包皮が密着していることから恥垢(チンカス)が溜まりやすく不衛生の元になります。

悪臭を放つ

恥垢が溜まりやすくなると不衛生になるだけでなく、悪臭を放つなど周りに不快感を与えてしまう可能性があります。

性病リスクが高い

不衛生の状態が長期間続くことで、亀頭包皮炎や性感染症にかかりやすくなります。

無理にセックスを行ってパートナー女性に病気を移してしまうだけでなく不妊リスクを高めてしまう恐れもあります。

うっ血や壊死する可能性がある

包皮口が大変狭いため、無理に剥いて元に戻せなくなると亀頭が締め付けられてうっ血を起こします。

うっ血の状態が長引くと激痛だけでなく、ペニスが壊死してしまう恐れがあり大変危険です。


以上のようにカントン包茎はそのまま放置しておくだけで、たくさんのデメリットやリスクが潜んでいることをここで押さえておきましょう。

カントン包茎は性的行為が最も危険



カントン包茎で激痛やうっ血のリスクが最も高くなるのが、オナニーやセックスなどの性的行為です。

オナニーでつい勢いよく擦ってしまったり、セックスで頑張ろうと無理に剥いた状態でピストン運動を激しくしたりすると、激痛と共に亀頭の締付けが起こって戻せなくなるケースがよくあります。

万が一締め付けや元に戻せない状態に陥ってしまったら迷わず最寄りの泌尿器科か包茎専門の美容外科クリニックに連絡を入れて処置してもらって下さい。

先述したようにうっ血の状態が続くと壊死を起こし、最悪の場合は大事なペニスを切除する事態にも陥ってしまうため一刻も早い治療が必要です。

自力で剥く、矯正器具は大変危険


包茎はどうしてもペニスのコンプレックスということで、なかなか人に相談しづらいといった問題があります。

そこで自力でどうにか改善したいと考えて矯正器具を使用される方がいますが、使用する際は何が起こっても自己責任で行うこと合わないと感じたらすぐに使用しないことを心がけて下さい。

包茎の矯正器具は自宅で誰にも知られずに包茎を改善できるといった触れ込みで通販でもかんたんに購入できることから、ニーズも多くたくさんの種類が販売されています。

しかし、医学的根拠に乏しいものが大半以上でペニスの炎症や裂傷につながる恐れがあり、無理な装着や使用のやり方によっては自力で外せなくなるなどトラブルの原因にもなります。

粗悪品も数多く流通していますので、少しでも違和感を感じたら直ちに使用を中止しましょう。

矯正器具は効果が薄いだけでなく危険な状態に陥るリスクも高いため、特にカントン包茎の方は絶対に使用しないようにして下さい。

カントン包茎は迷わずクリニックに相談


カントン包茎のリスクを安全に解消する一番ベターな方法は医療機関による治療です。


包茎の相談で最も多いのが「見た目のコンプレックスの解消」ですが、カントン包茎は見た目だけでなく様々なトラブルや病気のリスクが高い包茎に分類されています。


相談に対する恥ずかしさや治療による痛みを心配される方も多いですが、ABCクリニックではできるだけ痛みを抑えた治療や完全予約制で個室で診察を行うなどプライバシーにも徹底配慮しています。


術後の仕上がりにもこだわっておりますので、まずは無料カウンセリングをご活用下さい。

カントン包茎も立派なペニスの実現が可能です


ここまでカントン包茎の詳しい内容や、自力で治すリスクを中心にお伝えしてきました。

見た目を気にせず清潔を保てば医学的見地からすると治療の必要性がない仮性包茎と違い、カントン包茎は早急な治療が求められる包茎です。

病気やうっ血などのトラブルに発展してしまいますし、オナニーやセックスでも激痛や締め付けの危険を伴うなど、いつ何が起こってしまってもおかしくない状態です。

少しでもカントン包茎の症状に近いもしくは自身のペニスの状態が気になる場合は、恥ずかしがらず早めに医療機関に治療の相談を行うようにしましょう。

カントン包茎は医療機関による治療が最も安全に解消できるだけでなく亀頭増大術を包茎治療と一緒に組み合わせることで、包茎だけでなく先細りも解消して立派なペニスにすることも可能です。

ABCクリニックでは安全に露茎するだけでなく、美しい仕上がりや亀頭増大術や長茎術など立派なペニスにする治療も大変ご支持をいただいておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

, , ,

 PAGE TOP