MENU

真性包茎は自力で治せない⁉医療機関で治療すべき理由について


包茎は見た目のイメージ払拭やコンプレックスの解消で治療を希望される方が多いですが、真性包茎の場合は見た目だけの問題ではなく重症の包茎として様々なリスクが懸念されています。

真性包茎を自力で治そうと考える方も多いですが、結論から言うと自力で治そうとしても解消しないどころかペニスを傷つけてしまう恐れや激しい痛みに襲われてしまいますので絶対に行わないようにして下さい。

男性にとってシンボルであるペニスの症状ということで、人には言えず専門のクリニックに相談することも躊躇してしまってそのまま放置している方もいます。

しかし、重症と言われる真性包茎も正しい対策と適切な治療を行うことでリスクを大きく回避することができます。

ここでは真性包茎をなぜそのまま放置していてはいけないのか、早期に治療が必要なのかについて解説します。

真性包茎は治療が必要なのか


真性包茎とは包皮口が大変狭い包茎のことで、通常時だけでなく勃起時でも亀頭が露出せずに包皮に覆われたままの状態のペニスを指します。

包皮と亀頭が常に癒着していることから痛みが生じない程度に剥こうとしても尿道口が少し見える程度にしか剥くことができません。

生後間もない頃に包皮を切除してしまう割礼の慣習がない日本(一部例外もあり)で生まれ育った男性のほとんどが幼少期は真性包茎ですが、成長期を迎えることでペニスも大きくなって亀頭が段々と露出してきます。

しかし、成長期を終えても何らかの形で包皮が被さった状態のままであれば自然に露出してくる可能性はほとんどなく、治療を行わない限り包茎が維持されます。

自力で剥いたり勃起したりすると完全に亀頭が露出する仮性包茎は医学的見解から治療の必要はないとされていますが、真性包茎の場合は本人が気にしない場合でも大変リスクが大きいことから早期治療が求められます。

真性包茎は包茎の中で最も病的リスクが高い


様々なリスクやデメリットがある真性包茎ですが、その中でも特に影響が大きいのが性感染症など病気のリスクです。

不衛生な状態が続いてしまうことで代表的な炎症である亀頭包皮炎や、尿路感染症のような感染症にかかるリスクが包茎の中でも最も高いとされています。

最悪の場合は陰茎ガンを発症する恐れもあるほどです。

真性包茎の場合は早めに医療機関で受診するようにして下さい。

真性包茎を早期治療すべき9つの理由


真性包茎を早期治療すべき理由は病的リスクの理由を含め、他にも以下のデメリットやリスクがあります。

性感染症のリスクが高い

常に包皮と亀頭が密着した状態で不衛生のため、亀頭包皮炎や性感染症にかかりやすくなります。

陰茎ガンに発展する可能性がある

陰茎ガンは人口10万人あたり0.4人程度が発症するガンで、発症する確率自体は低いですが不衛生になりやすい包茎が発症に関連していると言われています。

セックスが満足にできない

勃起しても亀頭が露出しないため、まともにセックスすることはできません。

無理に行為を行うと性感染症をパートナーの方に移してしまうリスクも高いため、控えるようにしましょう。

早漏になりやすい

普段から亀頭が露出していないため、刺激に弱く早漏の原因になります。

先細りになりやすい

成長期の頃から亀頭がまともに成長せず先細りの原因になってしまいます。

恥垢が溜まりやすい

常に亀頭と包皮が密着していることからカス(恥垢)が溜まりやすく不衛生の元になります。

悪臭を放つ

恥垢が溜まってしまったままの状態が続いてしまうため、不衛生なだけでなく悪臭も発生します。

無理に剥くと激しい痛みが生じる

真性包茎は包皮と亀頭がべったりと癒着している可能性が高く、無理に自力で剥こうとすると出血や激しい痛みを生じてしまいます。

自分に自信が持てず勃起不全になる

見た目だけでなくセックスもまともにできないことから自分に自信が持てず、精神的ストレスが重なって勃起不全(ED)を引き起こす場合があります。

このように真性包茎は大変リスクやデメリットが多いのですが、医療機関の治療によってほとんどの症状が解消できます。

真性包茎の治療について


真性包茎の治療は余った包皮を切除する執刀手術が基本です。

クランプと呼ばれる器具を使った包茎切除の方法は、治療経験が浅い医師でも安全に包皮の切除が行えることでほとんどのクリニックで用いられています。

治療費も数万円程度と比較的安く治療を受けることができますが、仕上がり具合に難点があり傷跡が目立つ・亀頭と陰茎で色が違うツートンカラーになってしまう場合があります。

包茎治療専門の執刀医による手術の場合は、治療跡を目立たないようにして見た目で治療したことがわからないような自然な仕上がりを実現できますが、治療費はその分高くなります。

切除の方法によって術後の仕上がり具合や費用も変わりますので、包皮の切除だけでなく術後の見た目を気にされる方は治療方法についてもよく考える必要があります。

安さに飛びつかないように注意しながらご自身が求める術後の仕上がり具合と費用とのバランスをよく考えて判断して下さい。

治療したいが痛みや術後が心配な方へ


包茎を治療したいが一歩踏み出せない理由の一つに治療時や術後の痛みが心配というお声をよくいただきます。

包茎手術を行う準備として麻酔をペニスに直接注射して痛みを感じづらくしてから治療を行いますが、麻酔自体が痛そうで怖い方もいらっしゃいます。

ABCクリニックでは麻酔で使う麻酔針も極細のものを使用し、それでも心配な方でも無針の麻酔シートで痛みを緩和したうえで麻酔針による注射を行う「二重麻酔」にも対応していますのでご安心下さい。

術後の痛みに関しても個人差はありますが、当日は少し違和感やチクッとした痛みを感じますが術後2〜3日で概ね気にならなくなる方が大半です。

傷口が完全に塞がるまで3〜4週間ほどかかり、その間はセックスやオナニーを我慢していただく必要がありますが、その後は真性包茎で制限されていた行為や悩みからも解放されます。

ABCクリニックでは男性スタッフのみで構成しており、完全予約制でプライバシー保護も徹底して遵守していますのでどうぞご安心してご相談下さい。

真性包茎も治療を行うことで立派なペニスが実現できます


真性包茎は冒頭でもお伝えしたように包茎の中でも重症の包茎で、放置しておくだけで様々なリスクやデメリットが生じます。

見た目の問題だけでなく、性的行為も困難で病的リスクも高いなど心身の健康を害する恐れがありますので、恥ずかしがらず医療機関による診察と治療を行うようにして下さい。

真性包茎を自力で治すことはほぼ不可能に近いですし、間違っても無理に剥く行為や矯正器具の使用は大変危険ですので絶対に行わないようにしましょう。

ABCクリニックでは安全に露茎するだけでなく、美しい仕上がりや亀頭増大術や長茎術など立派なペニスにする治療も大変ご支持をいただいておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

, , ,

 PAGE TOP