MENU

タイソン(包皮)腺とはどのような症状か?原因と治療法について

男性にとってペニスに何か普段と違う様子や違和感を感じたら大変焦りを覚えるものですが、その中の一つにタイソン腺があります。

タイソン腺とは亀頭裏のちょうど裏筋あたりにできるブツブツのことです。

日常生活を送る中で毎日用を足す時や入浴・シャワーでご自身のペニスについては目にするかと思いますがなかなか裏筋まで見るまではいかないため、気づいた時にはかなり驚かれる方がほとんどです。

タイソン腺については名称すら聞いたことがないという人の方が多いと思いますが、見誤ってそのまま放置しておくと危険な場合もあり注意が必要です。

ここではタイソン腺の症状とその原因、治療方法について解説していきます。

タイソン腺は性病なのか?

タイソン腺は包皮腺とも呼ばれ、亀頭裏にある包皮小帯(裏スジ)のあたりにできるブツブツのことを言います。

突然裏スジにブツブツができているのを発見して「このブツブツって性病では…」と驚かれて不安になる方が多いですが、結論から言うとタイソン腺は性病ではありません。

タイソン腺自体は皮脂が粒状になったもので病気ではないため、医学的観点からみても治療する必要はありませんが、そのまま自己判断で放置しておくことは避けて下さい。

なぜ、タイソン腺を放置しておくと危険なのか

タイソン腺を自己判断で放置できない理由は、タイソン腺とよく似た症状で尖形コンジローマという性病である可能性も無視できないからです。

尖形コンジローマはHPV(human papillomavirus:ヒト乳頭腫ウイルス)というウイルス性の感染症で、主に性交渉が感染の原因とされています。

尖形コンジローマもタイソン腺と同じ様に亀頭裏や亀頭周りにぶつぶつとした発疹のようなものが発生しますが、形も様々でなかなか一般の人では判断がしづらいのが難点です。

尖形コンジローマはそのまま放置しておくと、亀頭以外のペニスや陰嚢(玉袋)肛門周りなど周囲にジワジワと広がってしまい、症状としてはかゆみが出たりそのまま性行為をすることでパートナーの方に感染させる恐れがあります。

万が一ペニスの周りにブツブツができていることを発見した場合は、そのまま放置せず男性器を専門に扱う医療機関で問題ないか診察を受けるようにして下さい。

タイソン腺の原因は包茎にある⁉

ペニスに発生するブツブツの一種であるタイソン腺ですが、その原因の多くは包茎です。

包茎はどうしても通常時に亀頭が包皮に覆われてしまっているため、亀頭と包皮の間に残尿のカスや垢、皮脂が溜まり、ぶつぶつが発生しやすい環境になってしまいます。

亀頭や陰茎周りに発生するぶつぶつにはタイソン腺や尖形コンジローマ以外にも、真珠様陰茎小丘疹フォアダイスと呼ばれる皮脂のかたまりがありますが、これらも同様です。

タイソン腺の治療方法について

タイソン腺の治療方法は主に電気メスやレーザー照射を使用した焼灼手術で、患部に直接当ててブツブツを焼くか蒸散させます。

治療時間は10〜15分程度で痛みや出血に関してもほとんど発生したり、感じたりすることもなく傷跡も目立ちません。

術後に通院する必要もなく術後当日からシャワーも可能ですし、術後の制限行為もほとんどありませんので数日後には元通りの生活に戻れます。

自力でこすり取ろうとしたり切除を行ったりする行為は大変危険ですので絶対に止めて下さい。

また自己判断で市販の軟膏などを塗布する行為も、却って雑菌が繁殖して化膿や悪臭を発生させる危険性があるので止めましょう。

タイソン腺は治療すべき?判断するポイントについて

まずはご自身のペニスにできたブツブツが無害か有害なのかを専門医による診察で判別してもらうことが第一です。

自己判断で放置せず必ず医療機関で診察を受けるようにして下さい。

仮に性病であった場合でも早めに対処することで症状の悪化を防げますし、早期回復が見込めます。

医師の診察で性病ではないことがわかれば次に見た目をどうするかを考えましょう。

そのまま放置しておいても健康リスクはありませんが、見た目がどうしても気になる方は治療で切除することをオススメします。

しかし、タイソン腺やフォアダイスなどの感染症以外のブツブツは病気ではないため、自由診療扱いとして全額自己負担になります。

性病でないケースでもそのまま放置しておくと性交渉の時に性病を疑われてしまう場合も少なくないことから、ブツブツ治療と発生の原因とされる包茎の治療を一緒に行う方も多くいらっしゃいます。

ABCクリニックはブツブツ除去も包茎治療費内で行います

ここまでタイソン腺の原因と症状、治療方法についてお伝えしました。

気になるペニスのブツブツはタイソン腺やフォアダイス、真珠様陰茎小丘疹といった皮脂のかたまりで無害なものが多いですが、なかには尖形コンジローマのような性感染症を発症している場合もあるため自己判断による放置は危険です。

ブツブツが亀頭周りや裏スジに発生してしまうのは、包皮と亀頭の間がムレて雑菌の発生や恥垢が溜まりやすい包茎が主な原因として挙げられます。

タイソン腺はブツブツ自体は無害な為そのまま放置しておいても大丈夫ですが、見た目の不快感や性病をパートナーから疑われることもあって医療機関で切除を希望される方も多くいらっしゃいます。

ブツブツ除去は通常3〜10万円ほどで行われている美容外科が多いですが、ABCクリニックでは包茎治療と一緒にブツブツ除去を行っており、費用も包茎治療費に含まれています。

また、ABCクリニックでは亀頭や陰茎のブツブツ・性感染症の悩み相談や治療だけでなく、包茎治療や早漏防止、AGAに関するご相談・治療も行っており、無料カウンセリングでお気軽にご相談いただける環境をご用意しております。

無料カウンセリングのお申込みはこちら

男性特有の症状は一人で抱え込まず、まずはお近くのABCクリニックにご相談下さい。

, , , ,

 PAGE TOP