MENU

亀頭が敏感で早漏や強い痛みが気になる方の対策と治療法について

「亀頭が敏感でちょっと擦っただけで痛い。」

「刺激に耐えきれずすぐに射精してしまう。」

このようなことでお悩みの男性が数多くいらっしゃいますが、亀頭が敏感である大きな原因として包茎が挙げられます。

通常時でもしっかり露茎(ズルむけの状態)したペニスと違い、何らかの形で亀頭が包皮に覆われてしまっている包茎は亀頭が外部の刺激に慣れていないため、どうしても刺激に弱く敏感になってしまいます。

亀頭が敏感な放置しておくと、どのようなデメリットが生じるのか。

亀頭が敏感である事に対してどのような改善策があるのか。

ここでは亀頭が敏感である詳しく解説していきます。

亀頭が敏感で生じる3つのデメリット

亀頭が敏感であるとどのようなデメリットが生じるのか。

主なデメリットとしては以下の3つが挙げられます。

早漏

亀頭が敏感だとその分刺激に対する耐性が弱いため、早漏になってしまいます。

早漏はまだ射精を我慢したいのに刺激に耐えられず挿入後すぐに射精をしてしまうことを指し、男性にとって早漏は男としての自信を失いやすいといった特徴があります。

場合によっては勃起不全であるEDを発症するなど深刻なケースに陥る可能性もあるなど軽視できない症状です。

先細り

包茎で亀頭が包皮に覆われた状態のままだと亀頭の成長を妨げてしまって、先細りの原因になります。

先細りは早漏になりやすいだけでなく見た目も力強さに劣るため、治療の相談に来られる方も少なくありません。

包茎の期間が長いほど先細りである可能性が高くなり、包茎手術で亀頭が露出しても力強さが出ないこともあって、包茎手術と同時に亀頭を大きくする亀頭増大術を希望される方も多くいます。

満足感を与えられない

亀頭が成長せず刺激に弱いと本人だけでなく、パートナー女性も満足感を与えにくくなってしまうため、そのまま放置しておくと不仲に陥ってしまう場合もあります。

敏感な亀頭を強化するための治療方法

敏感な亀頭を強化するための方法としては以下の2つが挙げられます。

亀頭増大サプリ

亀頭増大サプリはその名称のとおり亀頭を大きくするために必要な栄養素が含まれたサプリメントのことです。

数千円程度で効果を試すことができることから人気がありますが、基本的に思春期を終えるとペニス自体、自然に大きくなることはないと考えておくとよいでしょう。

効果があるまで接種し続ける必要がありますが、何年かけても効果が感じられなかったというケースも十分考えられますので、試される場合は事前に考慮しておく必要があります。

医療機関で治療を受ける

もう一つは医療機関で治療を受ける方法です。

男性器を専門に扱うクリニックでは包茎手術以外にも亀頭増大術や早漏治療といった男性器の悩みに関する解決方法を用意しています。

医療機関で亀頭強化の治療を受けるメリットは、短時間の治療で効果が得られることです。

特に亀頭増大術や早漏治療は10分程度の治療で強化できますし、術後のダウンタイム(術後から完全に回復するまでに要する期間)も2〜3日で済みます。

全額自己負担の治療になりますので、治療内容やクリニックによりますが最低でも数万円は必要ですが効果が確認しづらいサプリメントと比較すると費用対効果は高いと言えます。

敏感な亀頭の改善で得られる5つのメリット

敏感な亀頭を強化して見た目も刺激にも強い亀頭にすることで、主に以下の5つのメリットが得られるようになります。

早漏の防止につながる

亀頭が強化されることで刺激に対する耐性ができて、早漏防止効果につながります。

感度や耐性に関しては個人差や主観によっても変わりますが、物理的に強化されることで基本的に早漏改善に期待できます。

痛みに強くなる

少し擦れただけで痛みを感じていたのが、亀頭を強化することによって耐性がつくようになります。

見た目が立派になる

亀頭増大術で亀頭を大きくすることで早漏の抑制や刺激への耐性がつくだけでなく、見た目が立派になって力強さが出てきます。

ペニスの小ささを気にして大型銭湯やサウナで前をタオルで隠していた人も堂々とさらけ出せるようになります。

包皮が剥けやすくなる

亀頭が大きくなることで、包皮が剥けやすくなります。

余った包皮の度合いにもよりますが、軽度な仮性包茎の方ですと剥きグセがついて剥けやすく、状況によっては亀頭を大きくするだけで包茎の改善効果にも期待が持てます。

自分に自信が持てるようになる

亀頭を大きくすることで得られるメリットの効果で、自分自身に自信が持てるようになります。

人前で裸になっても堂々とできるようになったり、女性の前でも自信を持って性交渉に挑めるなど男としての自信もみなぎるようになるなど、治療によって相乗効果が発揮されます。

亀頭が敏感で改善を希望の方はABCクリニックへ

ここまで亀頭が敏感で早漏や強い痛みが気になる方の対策と治療方法についてお伝えしました。

亀頭が敏感である主な原因は包皮が亀頭を覆ってしまった状態の包茎ですが、敏感なまま放置しておくと見た目の問題だけでなく、早漏といった機能面にも影響を及ぼします。

男性としての自信を喪失してしまうことで精神的な負担となり、場合によっては勃起不全であるEDを発症するケースもあるため亀頭の敏感を軽視しないことが大切です。

亀頭を大きくする方法には主に亀頭増大サプリの服用と医療機関による治療の2つがありますが、費用対効果を考えると医療機関による治療をオススメします。

亀頭増大や早漏治療などで亀頭を大きくしたり刺激に対する耐性をつけたりすることで、痛みに強くなり見た目も立派になって自分に自信が持てるようになるなど、メリットも豊富です。

ABCクリニックでは包茎治療だけでなく亀頭増大や早漏治療、陰茎を伸ばす長茎術といったペニスの強化治療も安心安全に配慮した治療を行っております。

ペニス全般のことでお悩みの方は、明朗会計・3つのAが強みのABCクリニックにお気軽にご相談下さい。

, , , ,

 PAGE TOP