MENU

膣内射精障害とはどのような症状か。主な原因と対処法について


膣内射精障害とは、自慰行為では射精が可能でもセックスで膣内に射精ができないことを指します。

あまり聞き慣れない方も多い症状ですが、不妊に悩む男性を中心によくある症状として多くの方がご相談に来られます。

早漏で悩まれる男性も多いですが、いわゆる遅漏である膣内射精障害も誰にでも起こりうる可能性がある症状です。

ここでは膣内射精障害を発症する原因として考えられるものや、その対処法について解説していきます。

パートナー女性を「不安」にさせる膣内射精障害

膣内射精障害は、セックスでオーガズムに達することができないため、射精せずにセックスを終えることによって、パートナー女性に「私に魅力がないのが原因?」という不安な気持ちを与えてしまいます。

この状態が続いてしまうことで、パートナーとの関係性が悪くなる、セックスレスに陥ってしまうこともよく起こります。

少しでも膣内射精障害の症状に思い当たることがあれば、関係が悪化してしまう前に医療機関に相談するなど早期対策が必要です。

膣内射精障害の主な原因は「不適切な自慰行為」

深刻な状況に陥る可能性も多分にある膣内射精障害ですが、主な原因として挙げられるのが「不適切な自慰行為」です。

では、どのような自慰行為が不適切なのか、代表的なものを以下に挙げてみました。

強グリップ


強グリップとはペニスを強く握って擦る自慰行為のことを言います。

強グリップのやり方を長期間行うことで、刺激への耐性が増してしまって、女性の膣内では刺激が足りずに射精できなくなります。

足ピン


足ピンとは足を真っ直ぐ伸ばして下半身に力が入った状態で自慰行為を行うことを言います。

強グリップと同様に、足をピンと真っ直ぐ伸ばした状態で力を入れると強い刺激を与えやすくなり、この姿勢で慣れてしまうと女性の膣内で射精できなくなります。

床オナ


床オナとは床やベッド、敷布団にペニスを擦りつけて行う自慰行為のことで、自身の体重をかけながら強い刺激を与えられることで常習化している人も多いです。

この体勢や刺激に慣れてしまうと、他の間違った自慰行為の方法と同様、女性の膣内で射精できなくなりますしペニスを傷つけて感染症を引き起こす恐れがありますので中止するようにしましょう。

高速ピストン

高速ピストンは手で素早くこすり続けて行う自慰行為を言います。

膣内でより早いスピードでこする方法を高速ピストンと呼ぶ場合もありますが、腰の動きよりも手でこする動きの方がより素早くこすれます。

この方法に慣れてしまうと、女性の膣内では射精しづらくなりますのでこちらも改善が必要です。

近年、膣内射精障害は増加傾向にあります

膣内射精障害は近年増加傾向にありますが、長年不適切な自慰行為を行ってしまうと膣内射精障害だけでなく、勃起障害であるEDや膣内で挿入中に萎える中折れの症状を誘発する恐れがあります。

勃起障害とは俗にいうインポテンツのことですが、インポテンツは完全に勃たない状態だけでなく挿入中に萎える中折れなども対象です。

性行為が満足に行われないことで、男性不妊に悩まされる方も大変多くいらっしゃいますので、もしここで挙げた以外の不適切な自慰行為を行っている場合も同様です。

自慰行為のやり方を改めるようにしましょう。

心因性による膣内射精障害の場合も


膣内射精障害の症状に思い当たる節があれば、まずは不適切な自慰行為をしていないか確認することが大切ですが、心因的なものや原因が不明なケースも稀にあります。

考えられる状況としては

  • AVの見すぎ
  • 特殊な性癖がある。
  • 女性の前で射精できない。
  • 射精することに対して罪悪感がある。


などがあります。

心因的なことが原因である場合は時間をかけてゆっくり改善していく必要がありますので、少しでも心配な方は一人で悩まずお近くの医療機関へご相談下さい。

膣内射精障害を改善する第一歩は正しい自慰行為


膣内射精障害を引き起こさないためにまず大切なことは正しい方法で自慰行為をすることです。

できるだけ強い刺激を与えないようにペニスを軽く握る程度の力で手を添えて足も真っ直ぐ伸ばさずにゆっくり行って下さい。

強い刺激に慣れてしまっている分、最初のうちは物足りなさやなかなか自慰行為をしても射精しづらいかと思いますが、徐々に弱い刺激に慣れるようにして行きましょう。

どうしても慣れない場合や、膣内射精障害を含む遅漏や中折れが改善されない場合は、遅漏改善のトレーニングカップの活用や医療機関へ相談するようにして下さい。

膣内射精障害が心配な方は医療機関へ早めのご相談を

ここまで膣内射精障害の症状とよくある原因とその対処法についてお伝えしてきました。

何度もお伝えしますが、膣内射精障害の多くの原因は「不適切な自慰行為」です。

膣内射精障害の改善には、主な原因である不適切な自慰行為をまずは改めて、強い刺激を与えず膣内のソフトな刺激でも射精できるようにすることです。

そのまま放置し続けるとパートナー女性に不安を与えるきっかけにもなりますし、膣内で萎える中折れなどのED、セックスレスや心因的なストレスから男性不妊へと発展する可能性があります。

自慰行為を改めても遅漏や膣内射精障害が改善されない場合は、遅漏改善用のトレーニングカップを活用するか、遅漏が進行してしまう前に医療機関へご相談するようにして下さい。

ABCクリニックでは男性器全般のご相談・治療も行っており、お気軽にご相談いただける環境をご用意しております。

男性特有のお悩みは一人で抱え込まず、まずはお近くのクリニックにご相談下さい。

, , , ,

 PAGE TOP