MENU

チンかすがたまりやすい原因とその洗い方について。

チンかすがたまりやすい原因とその洗い方について。

ペニスから悪臭が放たれるニオイの原因の一つであるチンかす。

特に思春期や性交渉の機会が多い若い世代の男性にとっては、女性から不潔扱いされる原因となりますので、きれいに洗って清潔にしておきたいもの。

しかし、チンかすが溜まりやすく、なかなかきれいに除去しきれない方も多いです。

また、チンかすは臭い・汚いだけでなく放置して不衛生な状態が続くことで性病へと発展する恐れがありますので、たかがチンかすと侮ると後で辛い目にあってしまう場合もあります。

では、どのようにすればチンかすを溜めずに清潔なペニスを保てるのか?

ここでは、チンかすがたまりやすい原因と、その洗い方についてご紹介していきます。

チンかす(恥垢)はどうやってできる?

チンかすは恥垢とも呼ばれる男性器に付着する白い垢のことで、主に亀頭や陰茎周辺に発生します。

残尿や精液のカスのほかに皮脂や汗などが混じり合ってできたもので、そこに雑菌やカビが繁殖することで悪臭や性病の原因となります。

女性器も同様で、陰核周辺や大陰唇、小陰唇が密着した内側付近に恥垢が溜まりやすく、残尿やおりものなどが原因で発生します。

少量であれば、特に性病の疑いもありませんので、入浴時などできれいに取り除いて洗い流せば問題ありません。

しかし、冒頭でもお伝えしたように不衛生の状態のまま放置したり、洗い方が悪いとチンかすが溜まって悪臭やかゆみが出たり、ひどい場合だと炎症や性病を発症する恐れがありますので注意が必要です。

チンかすがたまりやすい一番の原因は包茎。

このチンかすがたまりやすい原因の一つである包茎は、包皮と亀頭の間が密着していて湿りやすく、雑菌の温床として菌の増殖を招いてしまいます。

夏場は汗をかきやすく、冬は厚着するとムレやすいこともあり、どちらも恥垢が発生しやすくなりますが、包茎であると余計に亀頭と包皮の間がムレて、チンかすが溜まってしまいます。

完全に露茎していたり、カリの部分に少し包皮が被さった軽度な仮性包茎であれば、自力で剥くこともかんたんに行えますので、入浴時にきれいに清掃することもできます。

そうではなく、自力で剥くことに痛みや抵抗がある重度の包茎の場合は、亀頭と包皮の内側をきれいに洗い流すことも困難で、そもそも清潔を維持することができません。

性病や亀頭包皮炎を発症する恐れ

チンかすが残ったままの不衛生な状態が続くことで、悪臭やかゆみが出るだけでなく、カンジタやクラミジアのような性病や、亀頭が赤く腫れてただれることもある亀頭包皮炎を発症する場合があります。

性病や亀頭包皮炎を発症すると、菌の増殖を招いて余計にチンかすが溜まりやすい状態になって、かゆみや腫れがより強い症状として表れ、痛みを伴う場合も出てきます。

もし、このような症状がみられたらそのまま放置したり我慢せず、早めに医療機関で診察を受けるようにしましょう。

チンかすの正しい洗い方について。

しつこくベッタリと付着しているチンかすは、毎日洗い落としているようで実は落とし切れていないことも多く、本人が気づかないまま長時間亀頭やカリの部分に残ってしまっていることもあります。

しかし、しっかり落とそうと強く擦ってペニスを傷つけたり、神経質になりすぎると逆効果になってしまいますので注意しましょう。

ここではペニスを清潔に保つ正しい洗い方についてご紹介します。

強く擦ったり、強引に剥かないようにする。

きれいに取り除こうとして強く擦り洗いをしたくなりますが、亀頭や陰茎部分に小さなキズがついてそこから雑菌が入って炎症を起こす場合がありますので、無理にこすらずやさしく洗い流すようにして下さい。

包茎の場合でも可能な限り剥いてケアしていただく方が良いですが、強引に剥いてしまわず、徐々に剥いて無理のない範囲でやさしく洗い流すようにしましょう。

石鹸をつけすぎたり、洗いすぎに注意する。

清潔にすることを意識して石鹸をつけすぎたり、洗いすぎてしまいがちですが、必要な皮脂まで落としてしまって炎症を起こしたり、かゆみが出るなど逆効果になってしまう場合もあります。

あまり神経質になりすぎず、泡で包むようにやさしく洗ってあげることを心掛けて下さい。

亀頭やカリだけに集中するのではなく、全体をやさしく丁寧に洗う。

恥垢が溜まりやすい包皮の内側やカリ部分をどうしても集中的に洗ってしまいますが、そうではなく股間全体の洗い残しにも注意しましょう。

陰茎や陰毛にも汚れや残尿が付着していることもあり、洗い方が悪いとそのまま雑菌のエサを残すことになってしまいます。

睾丸の裏側も汗や雑菌が溜まりやすいので、股間全体をやさしく丁寧に洗うようにして下さい。

たまりやすいチンかすや、影響の大きい包茎はお早めに医療機関にご相談を。

ここで紹介した洗い方でもチンかすが溜まりやすかったり、自力で剥きづらく清潔を保ちづらい場合は、包茎手術で根本的な原因の元をなくすことも検討してみると良いでしょう。

余分な包皮を切除して通常時でも露茎の状態にすることで、入浴時にサッと洗うだけでも清潔を保てますし、老後に介護を受ける必要が出てきたときも安心できます。

大事なペニスをいつまでも清潔に保てるように、まずは無料カウンセリングなどを活用して、専門医によるアドバイスを受けるようにして下さい。

, , ,

 PAGE TOP