MENU

オナ禁するとモテたり症状の予防効果があるのは本当か?

オナ禁とは、自慰行為であるオナニーを我慢したり禁止する行為の略称のことで、インターネットなどで検索してみるとオナ禁のメリットや効果について書かれた情報が数多く投稿されています。

オナ禁を実践することで女性にモテるようになったり、様々な症状の改善や予防効果があるといった内容のものがありますが、その真偽に関して気になる男性も多いのではないでしょうか?

実際のところ、オナ禁の効果はどのようなものがあるのか?

ここではオナ禁の効果の真偽について、男性器専門のクリニックからみた見解についてご紹介します。

オナ禁のメリットや効果についてよくある話。

オナ禁をすると〇〇になる。など、様々なメリットや効果について書かれた情報サイトが散見されますが、よくあるメリットやオナ禁効果について以下のようなことが書かれています。

痩せる。ダイエット効果がある。

オナ禁をすると、性欲と同時に食欲が抑えられてダイエット効果が発揮される。

薄毛予防になる。

オナ禁をすることで、髪の毛の成分の一つである亜鉛の減少を防止できる。

女性にモテる。

オナ禁をすることで、男性ホルモンであるテストステロンが増加し、分泌されてモテ効果が発揮される。

腰痛が改善される。

オナ禁をすることで、腰の可動域が良くなり腰痛が改善された。

筋肉がつきやすい。

オナ禁によって射精が抑えられるため、ステロイドホルモンであるテストステロンが筋肉増強に使われる。

別れた女性との復縁。

オナ禁をすることで、メンタル面が強化されて自分に自信がつき、もう一度別れた女性と寄りを戻すことができるようになる。

このようなネット情報以外にオナ禁の効果について書かれた著書なども数多く販売されています。


オナ禁効果や症状予防の医学的根拠について。

オナ禁をすることによって得られる効果について、ご紹介したような内容が書かれていますが、その効果に対する医学的根拠については、どれもほとんど触れられていません。

ここでは、先ほどの薄毛予防を例にみていきましょう。

テストステロンの増加

自慰行為をすると、男性ホルモンであるテストステロンの値が射精寸前まで急上昇し、射精し終わると急激に下降します。

その現象が行われる事で、下降したテストステロンをもう一度増殖させようとする働きが起こり、その結果薄毛の原因である男性ホルモンが増えてしまうというロジックです。

確かに男性ホルモンが多い人がAGAに発症してしまう傾向があるとは言えますが、AGAに関係してくるのは同じ男性ホルモンでもテストステロンではなく、ジヒドロテストステオン(DHT)です。

頭皮の毛細血管に巡ってきたテストステロンが、5aリダクターゼと呼ばれる体内物質と結合されることでDHTが産出され、間接的にヘアサイクルを乱す原因となり、頭皮や発毛に影響を及ぼすとされています。

しかし、理論上そうなってしまう可能性があるというだけで、オナニーが原因で薄毛に影響を及ぼすという因果関係はないと言えますのでご安心下さい。

亜鉛の排出

また、薄毛につながる理由として、亜鉛の排出を指摘する情報もあります。

こちらの場合は、毛髪の栄養素の一つである亜鉛が精子にも含まれており、射精した回数分だけ亜鉛が体外に排出されますので、その結果薄毛にもつながるといったロジックです。

亜鉛に関しては、確かに毛髪の形成に必要だけでなく、精子や肌形成などに必要な栄養素ですので、不足してしまうのは健康面からみても良くはありません。

しかし、この射精が薄毛を誘発したり、直接薄毛に影響してくるかと言いますと、決してそのような事はありませんので、過剰に亜鉛を摂取しようとしたり、オナニーを我慢する必要はありません。

オナニーが原因で直接影響を及ぼすもたらすというよりも、間接的にそうなってしまう可能性について書かれたものがほとんどで、結論としてはオナ禁とその効果の因果関係ははっきりしていないと言えます。

オナニーのやり過ぎも良くはないですが、オナ禁で我慢しすぎるのも生理的に良くありませんので、適度に間隔をおいてやり過ぎない程度に行うのがベターと考えておくと良いでしょう。

男の自慰行為はどの程度が適切?

では、実際にどの程度の間隔で自慰行為を行うのが適切なのでしょうか?

こちらに関しては個人によって行う間隔や回数も違いますし、特に明確な指標などもありませんので、一般的な目安を見て判断してみましょう。

総合医療メーカーであるジェクス株式会社が行った調査結果によりますと、日本人男性の自慰行為の頻度は週2〜3回と答えた方が全体の21.3%と最も多く、次に週1回が21%いう研究結果の報告もあります。

年齢別で見ても調査対象の中で最も高齢だった60代の男性の方で、週1回のペースで自慰行為をされている方が全体の22.3%と高い割合で存在しています。

ほぼ毎日行っていると回答された方も年齢関係なく全体の16.5%いますので、特に回数など気にせず無理しない程度で行っていただいて問題ないと言えます。

参照元 【ジェクス】ジャパン・セックスサーベイ2020 調査結果報告書 

https://www.jfpa.or.jp/pdf/sexservey2020/report.pdf



根拠のない情報に惑わされず、バランスの良い性生活を送りましょう。

これまで自慰行為であるオナニーを我慢する、禁止するオナ禁についてお伝えしてきました。

オナ禁を実践することで女性にモテるようになったり、薄毛の予防になるといった情報が散見されますが、医学的根拠がないものがほとんどで因果関係についてもはっきりしたものがありません。

オナニーのやり過ぎは陰茎が痛くなってきたり、刺激に耐性がつきすぎて性行為時に射精しづらくなるといったデメリットもありますので、オナ禁による効果が全くないとは言えませんが、過信は禁物です。

オナニーは生理現象であり生物学的にも性欲があって当然の事ですので、過剰になって性欲を抑えようとしたり、オナニーを我慢する方が健康的にもよくありません。

また、回数や頻度にもこだわりすぎることなく、我慢せず無理のない程度に行ってバランスの良い性生活を送っていただくと良いかと思います。

ABCクリニックでは、包茎治療だけでなくペニス増大や早漏防止、AGAに関するご相談・治療も行っており、お気軽にご相談いただける環境をご用意しております。

男性特有のお悩みは一人で抱え込まず、まずはお近くのクリニックにご相談下さい。

, , , ,

 PAGE TOP